ヤブラン・ノシラン

前回の記事でヤブカンゾウをヤブランと取り違えて恥かきましたが、今日は正しいヤブランです。

庭の片隅に生えているヤブランやノシランは、いつのころから咲いていたのか不明ですが毎年咲いてくれます。

いずれも小さな株ですが、外に出るのも億劫な暑い夏のひそかな楽しみになります。


ヤブラン(藪蘭) キジカクシ科ヤブラン属

公園などにたくさん植えられていますが斑入の葉のも見かけます。

直径7mmぐらいの小さな淡紫色の花はかわいらしい。花後につける黒い種子も魅力的です。

IMG_7863PsT960.jpg


IMG_7860PsT960.jpg


IMG_7885PsT960.jpg



ノシラン(熨斗蘭) キジカクシ科 ジャノヒゲ属

長い扁平な花茎を斜めに出し先端に小さな白い花が多数総状に垂れ下がってつく。

花が咲くころには花茎がさらに下がって真横になり、花は下を向き中の様子は全くわからない。

白く目立つ花だが面白くない、だが秋になると青色の果実をつけてこれは見事だ。

IMG_7856PsT960.jpg


IMG_7944Ps960.jpg


IMG_7928PsT960.jpg








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR