12月20日の木星

夕方上弦の月を撮ったときものすごいシーイングだったのですが、大赤斑と衛星の通過があるので片付けずにそのままにして待機いました。
シーイングは先ほどより落ち着いていて撮影体制に入りましたが、モニターの木星に黒い影が。
撮影素子にゴミが付いているようで急いで掃除をすると今度はカメラのバッテリーの容量がない。
何だかんだしているうちに大赤斑は西に傾きガニメデは通りすぎ影も真ん中を通過していました。
この後イオが通過するのでその様子を一緒にまとめてみました。
左がガニメデ、右がイオで影が後から追っかけて行きます。
イメージ 1
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

木星の組写真は楽しいですね。
3時間のあいだにこんなに様々な表情を見せてくれるとは・・・
私は寒さに負けていつも一発勝負です。

No title

衛星の動きは実に宇宙を感じさせてくれますね。
ガニメデのでかさが良く分かります。

No title

フィガロさん コメントありがとうございます。
こちらもかなり寒くなって数カット撮ったらコタツに潜り込んで、しばらくTVでも見ながらの撮影でした。
ここ数日は天気が良くてもシーイングが悪く端から諦めです。

No title

hideさん コメントありがとうございます。
ガニメデはでかいですね。以前は小口径で衛星の大きさまで判別できないものと思っていました。
衛星を抱えている木星は宇宙船で近づいたらこんな感じで見えるかなと宇宙の夢が広がります。
非公開コメント

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR