12月10日の木星、11日の月

快晴の日が続いていますが、強い冬型の気圧配置で撮影はパスしていました。
この日は木星の大赤斑が回って来るので21時から見てみましたが物凄いシーイング。
2本の縞が見えるぐらいで、時たま爆発したようにグジャグジャになり、こりゃダミダ。
大赤斑が西に傾きかけた頃少し改善したので撮りましたが、良像は期待できないので始めから屈折でした。
イメージ 1
 
シーイングは変わらず、大赤斑は沈み”本日はここまで”のつもりでしたが、通過中のエウロパが出てきたところを撮ろうと待っていました。
すると何でこうなるの! シーイングが改善していました。ここまで極端に気流が変わるのはどうしてでしょう。
イメージ 2
 
翌朝、東天に惑星と月が一直線に並ぶのですが、自宅からは東側にビルがあって期待はしていませんでした。
朝弱い私ですが何とか起きて眺めると、案の定月は見えているも金星以下はビルの後ろ。
月だけ撮ってまた寝ました。月齢26.9
イメージ 3
 
 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

木星も月も、綺麗に撮影されていますね。
この日の月はピントがなかなか合わないで、クリアに撮影できません
でしたが、marchanさんは上手に撮影していますね。
木星と月に。。。ナイス☆です。

No title

kojikojiさん コメント、ナイスありがとうございます。
低い空の月は気流の乱れをもろ受けるのでピント合わせが難しくなります。川の中の石にピントを合わせるのと同じです。
特に冬は気流の乱れが大きいのでクリアーな画像が撮れません。
非公開コメント

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR