ミズキの花

ミズキ (水木) ミズキ科ミズキ属 落葉高木
ミズキの名前は、樹液が多く早春に枝を切ると水が滴り落ちる事からと言われている。
花期は5~6月初めとされているが、このところの暖かさで既に花弁や雄蕊が落ち始めて末期になっていた。
直径7~8mmの小さな花がたくさん付く。花弁は4枚、4本の雄蕊が目立つ。
イメージ 1

イメージ 2

ミズキの面白い所は、花は複数の散房花序が集まっているが花の天辺が平らになること。
イメージ 3

また幹から階段状に出ている枝は横に広がっていてテーブルツリーとも呼ばれる独特の形をしている。
花はこの枝の上に咲くので、たくさんの花を付けると白いテーブルクロスのような感じになる。
今年は花が少なくてダメだがその片鱗を感じ取っていただければ。
イメージ 4

イメージ 5







スポンサーサイト



モッコウバラの大樹?

花撮りをしながらぶらぶら歩いていると、大きな樹木に黄色い花がたくさん付いているのを見つけました。
イメージ 1

何だろうと思って近づいていくと、
イメージ 2

シャンデリアのよう花はモッコウバラであることが判明。
イメージ 3

イメージ 4

モッコウバラのツルが大きな木に絡みついて登り、上からツルを垂らしていたのです。
全周ツルに絡みつかれた木にとっては迷惑千万な話だろう。
イメージ 5

木の下を見ると太いツルが数本大樹に向かって伸びていた。
イメージ 6



ハナミズキの大木

入間町3丁目の駐車場に大きなハナミズキの木があり、バス通りの傍にあるので遠くからで目立ちます。
ハナミズキは街路樹や庭木としてあちこちで見られますが、此処まで大きく花の密度の高い木はこのあたりでは見たことがありませんでした。
看板がうるさいですが無かったことにして。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ちょっと珍しい色をしたハナミズキがあったのでついでに。
何色と言ったら良いのやら。イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




キバナオドリコソウの花

キバナオドリコソウ (黄花踊子草) シソ科オドリコソウ属 多年草
グランドカバーとしてヨーロッパから日本に導入され園芸店で販売されているが、繁殖力が強く逸出しているのを見かけるそうです。
これは野川の畔にあるビジターセンターの花壇に咲いていたもの。
葉に銀灰色の斑が入っているのは亜種で導入された園芸種の特徴とされる。
イメージ 1

花は長さ1.5cmの唇形花で輪生したように咲く。
イメージ 2

イメージ 3




ムベ、アケビの花

ムベ (郁子) アケビ科ムベ属 常緑低木木本 ツル性
近くにムベの木を生垣として這わしているお宅があり今年も花をたくさん付けていました。
イメージ 1

花弁状の萼片が6枚、雄花より大き目で雌蕊が3本あるのが雌花。
イメージ 2

雄花はわかりにくいが合着した6本の雄蕊がある。
イメージ 3

葉は5枚が多いが若い時は3枚、次第に7枚になるそうだ。
ツルが伸びて這いまわり管理が大変だとか。
イメージ 4

秋には赤紫色に熟した果実が生りアケビと同様に食べられる。
実はこの果実の事をアケビとしてブログに載せたことがあり反省しきりだが果実はよく似ている。
昨年10月末
イメージ 5

アケビとムベの相違点は、
アケビの果実は完熟すると縦に裂けるがムビは裂けない。
アケビは落葉するがムベは常緑。
花を見れば一目瞭然に違いがわかるのでアケビの花を。

萼片は3枚、雌花は雄花より大き目で円柱状の雌蕊が多数ある。
イメージ 6

雄花には雄蕊が6個ある。
イメージ 7



4月18,19,20日の木星

18日の夜半前、ふと空を見ると高度を上げた木星が明るく輝いていました。
透明度は良いし気流も落ち着いそう。
今年初の木星撮りになりました。
イメージ 1

翌19日は大赤飯が正面に見える日。
前日よりシーイングは落ちましたが撮らない訳は無いしで。
イメージ 2

二日連続で撮るともう一日続けて撮りたくなるもの、お天気も良いし。
20日は透明度が落ちてISOをアップ。
イメージ 3

今晩も晴れています、どうしようかな。


喜多見不動尊の藤

喜多見不動尊の入口を入った所に藤棚があり今年も藤の花が咲いていました。
藤棚の奥はかつて信者が水行をした湧水の滝があり小さな池もあるのでこちらに気を取られるのか藤棚の存在に気が付く人は少ないようです。
不動坂を下る道路から藤の花が見えるのですが。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

藤の花が大好きなクマバチが来ていました。
イメージ 5

なお、ここにある不動堂は慶元寺の境外仏堂になっています。
ついでに湧水の不動滝と小さな池を。
イメージ 6


ミチタネツケバナ

ここ数年やけに増えてきたなと思うのがミチタネツケバナ、今年になって我が家の庭にも進出してきた。
1992年に宮城県から日本海側にかけて侵入したと報告されたヨーロッパ、アジア原産の帰化植物で全国に広がっているらしい。
ミチタネツケバナ (道種漬花) アブラナ科タネツケバナ属 越年草
既存のタネツケバナに似ているがいくつかの相違点がある。
わかりやすいのが果実か茎に沿って斜上し花より高く伸びること。
イメージ 1

イメージ 6

こちらは既存のタネツケバナ、果実が横を向きながら斜上するが花までは届かない。
イメージ 2

花はタネツケバナより小さく隙間が多い、雄蕊が4本とされているが5~6本になるのもあるそうです。
イメージ 3

こちらはタネツケバナ、花弁がふっくらとして雄蕊が6本ある。
イメージ 4

ミチタネツケバナは根生葉がいつまでも残る。
果期の根生葉、これが我が家に侵入したミチタネツケバナ。
イメージ 5

他に茎に毛が有るか無いかの違いがあるが良い画像が無いので。

繁殖力の強いミチタネツケバナはこれからもあちこちに姿を現すだろう。
イメージ 7



ヒトリシズカ

ヒトリシズカ (一人静) センリョウ科チャラン属 多年草
花木に囲まれた薄暗い庭の片隅に毎年ヒトリシズカがひっそりと咲いています。
芽が出るとタケノコのよにスクーと茎が伸びてきて、葉に包まれていた花穂がいつの間にか咲いている。
そんなヒトリシズカですがここ数年写真を撮ることがありませんでした。(忘れたり時期を逃したり)
そこそこに花を付けていたので久しぶりに撮りました。
世話をしてないので背丈は15~20cmぐらいしかありませんがブラシ状の花がたくさんつきました。
イメージ 1

イメージ 2

花弁や萼片はなく、ブラシ状の雄蕊と小さな雌蕊があるだけの花です。
3本の雄蕊の下にある緑の塊が1個の雌蕊で良く見ると柱頭が付いているのがわかります
イメージ 3





トキワマンサク

トキワマンサク (常盤満作) マンサク科トキワマンサク属 常緑小高木
細いリボンのような花が群がって咲きます。
生垣に利用されることが多く花期には株全体が真っ白に覆われます。
イメージ 1

イメージ 2

花はマンサクに似ていますが、ひも状の花弁はねじれやしわがありません。
4本の花弁を出す花は数個集まって枝先に咲きます。
イメージ 3

イメージ 4

花弁が赤い園芸種にベニバナトキワマンサクがあり、同じように生垣に利用されていました。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR