2月23日の月 月面散歩

いろいろゴタゴタがあって載せるのが遅れてしまいましたが23日の上弦の月です。
シリウスの瞬きを見てシーイングは期待しないまでも上弦ならばと月の撮影に臨みました。
拡大して見ると高度があるためでしょうかこの時期としては結構落ち着いたシーイングでした。
月齢7.5
イメージ 1

それならばとしばらくやっていなかった拡大撮影をしました。
一番目につくのはおなじみのプトレメウス、アルフォンスス、アルザッケルのクレーター。
イメージ 2

その南にある、月面X以外は見向きもされないウェルナーなどのクレータが目につきました。
イメージ 3

この月齢ならおなじみの雨の海東岸、アルプス山脈の影が長く伸びています。
イメージ 4

秤動で月の北側が良く見えていました。アナクサゴラスに陽が当たり始めてわずかに縁が見えています。
イメージ 5

気になるクレーターがあったので名前を調べてついでに記入してみました。
イメージ 6




スポンサーサイト



ノシランの種子

ノシラン (熨斗蘭) キジカクシ科(ユリ科)ジャノヒゲ属 
ノシランの種子が綺麗なコバルトブルーに成熟していました。
果実と思っていたこのコバルトブルーの実は種子で、子房が脱落して種子がむき出しになって成熟するそうだ。
ちょっとびっくりしたがヤブランの実も種子だそうだ。
直径9~10mmの大き目な種子で見事なコバルトブルー。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

冬の餌に乏しい鳥にとってはご馳走らしく食べ散らかした種子が落ちていた。
イメージ 4

ノシランの花 。
白い花弁状の萼の先端が六裂して咲く。 昨年9月初旬
イメージ 5

イメージ 6





マンサク

マンサク (満作) マンサク科マンサク属 落葉小高木
まだ寒い時期に他の花に先駆けて咲くことから”まずさく”と言うのが訛ってマンサクにになったらしい。
また東北方言”マンズ咲く”が語源だとする説もある。
近くの公園に植えられていたマンサクだが、花の色が黄色でなく黄褐色で何か枯れているような感じだ。
ちぢれたヒモのような花弁は4本だが重なっていて分かり辛い。
イメージ 1

イメージ 3

咲き初めのころの花、丸いのが蕾。
イメージ 2

開化しているのに昨年の枯葉かまだ付いているのと花色が濃いので、この木はシナマンサクとの交雑種に思われる。
イメージ 4

マンサクの葉は黄葉し一部赤い所もある。枝に付いている丸いのは来年の花芽。昨年11月末撮影。
イメージ 5

イメージ 6





1月31日 皆既月食全過程

皆既月食の全過程をまとめてみました。
その前に月食直前の完全な満月。
満月は毎月起こりますが月の軌道(白道)が黄道に対して6度傾いているので日の当たり方が傾き月の南か北にわずかに陰りが出てしまいます。
しかし月食の時のは一直線に日が当たるので陰りのない完全な満月になります。
半影月食が半分まで進んで右下がやや暗い。
イメージ 1

終盤雲に覆われ尻切れトンボになってしまいましたが皆既月食前半。
イメージ 2

イメージ 3

皆既月食後半
イメージ 4

この頃から薄雲が出始めて此処までになりました。
イメージ 5

食の前半にターコイズ・フリンジが撮れるかなと試みましたが露出が足らないのか今一な感じになりました。
イメージ 6

イメージ 7




1月31日 皆既月食

南岸低気圧の接近で気になっていた天気は月食が始まる頃にはきれいに晴れて赤銅色の月を楽しめました。
しかし食の終わりになる前に、2014年の皆既月食の時もそうでしたが南からワッセワッセと雲が押し寄せ最後まで見る事は出来ませんでした。
皆既時間が1時間17分と長いので皆既中の月の変化を20分間隔でまとめてみました。
皆既始まり直後  皆既になると月の周りの小さな星々が見えてきます。
イメージ 1

イメージ 2

皆既最大
イメージ 3

イメージ 4

既終わり直前
イメージ 5

皆既中の月とプレセベ星団を撮ってみたいと試みましたが、冬場でも2等星までしか見えない都会の空、月を頼りにこのあたりだろうと当てずっぽうに撮ったのですが予定の構図にはならず大きくトリミングしています。
何とか二つが並びました。拡大して見てください。
イメージ 6




プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR