ネギ坊主

ネギ坊主はネギの花であるが何となく可愛らしくて春の風物詩になっている。
ネギはユリ科にされていたが新しい分類はネギ科ネギ属になっている。
イメージ 1

薄いベールのような総苞が割れて中からたくさんの花が出てくる。
イメージ 2

6枚の花被と6本の雄蕊1本の雌蕊からなるが多すぎて分からない。
白く細長いのが雌蕊、先が丸くなっているのが雄蕊。
イメージ 3

花もネギ臭いと思われがちだが甘い蜜を出すらしい、モンシロチョウがたくさん集まってきていた。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




スポンサーサイト



オオアマナの群生

オオアマナ ユリ科(キジカクシ科) オオアマナ属
以前、庭に突然咲き出しびっくりしてブログに載せたが、今では野生化が進んだのかあちこちに咲いているのを見かけるようになった。
そのオオアマナがビール坂の崖で群生していた。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

これだけ群生していると見事だが、繁殖力の強い栽培種ゆえ在来の植物に影響がなければ良いのだが。



今年のスミレ(2)

近所の緑地で撮ったアリアケスミレ、ニョイスミレです。
群生?とは言えなくともかなり沢山咲いていました。
アリアケスミレ (有明菫)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ニョイスミレ (如意菫) 別名ツボスミレ
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

緑地ではタチツボスミレが群生していました。
イメージ 8

イメージ 9

おまけ
車道と歩道の間にスミレが咲いていました。スミレと言えども雑草、流石たくましい。
イメージ 10



4月24日の木星

どうにも雲の多い日が続いています。
前回木星を撮ってから10日できれいに晴れたのは一日だけ、しかしシーイングが期待できません。
移動性高気圧が通過中なので少しは気流が落ち着いているかと筒先を木星に向けました。
しかし撮影中に雲が西から流れてきて時々像が激しく乱れます。2カットで雲に覆われ一時中断。
中断する前の木星で衛星イオの本体と影が見えています。
イメージ 1

一時間半後きれいに晴れてきたので再開、相変わらずのシーイングで時々大きく乱れました。
先ほど木星面にいたイオが左に移動しています。
イメージ 2








今年のスミレ(1)

庭でたくさんの花を付けた今年のスミレです。
ヒゴスミレ 春一番に咲くスミレで葉が深く切れ込んでいるのが特徴。
野生種は低地では育たないので中国産の園芸種であろう。
イメージ 1

イメージ 2

アメリカスミレサイシン プリケアナ種 
鉢植えしたのでなくフヨウの鉢に自然発生したもの。繁殖力が強く庭中に咲いている。
イメージ 3

イメージ 4

スミレ
ただのスミレです。
イメージ 5

イメージ 6

タチツボスミレ
門の脇の植え込みに自然発生しています。
イメージ 7

イメージ 8

アリアケスミレ、ニョイスミレが咲いているがショボイので他で撮った画像を後日。



リキュウバイ

リキュウバイ (バラ科 ヤナギザクラ属) 落葉低木
中国原産で渡来したのは明治時代、利休が命名するすべもない。
染井吉野と同じ時期に咲くこの花は、勢いのある桜と違い清楚な感じが茶人に茶花として好まれたのが名の由来らしい。
イメージ 1

この花の真ん中に花盆という緑色の丸い部分があって目立。
イメージ 2

花弁が散っても白い萼片が残るので小さな花のように見える。
イメージ 3

木全体はこんな感じ。
イメージ 4






4月13日の木星と月

夕方から曇ってしまう傾向は相変わらずですが、この日はずーと晴れてくれました。
月の出が遅くなっているので夜半近くになって始めたので大赤斑は隠れる寸前でしたが、エウロパと影が木星面を通過していました。
緩い北風が吹いていて大きな揺れは無かったのですが上層のジェットによる細かい揺れがありました。
イメージ 1

この間40分ですが木星の自転と衛星の動きは速いです。イメージ 2

このあと月の拡大をしたのですがヨレヨレの画像しか撮れなくてボツに。
一枚撮りに切り替えて撮った月齢16.5の月です。
イメージ 3




4月04日の月

月齢7.3、上弦ちょい過ぎの月です。
シーイングはやや良くなり今年一番と思われる気流でした。
月拡大をしようかと思いましたが後で木星を撮るつもりでしたので一枚撮りだけに留めました。
しばらくして22時頃外に出ると、なんと薄雲に覆われていて朧木星の状態、諦めました。
シーイングが良かったので月画像は大きめにしました。拡大して見てください。
イメージ 1



4月02,03日の木星

久しぶりに快晴の夜になった2日、予定はなかったのですが急にその気になって木星を撮りました。
シーイングは期待できそうもないのでこの日も10センチです。
イメージ 1

翌3日は寒気の南下とともに夕方になると雷鳴を伴った雨が降り出し、すぐに止みましたが気流は乱れていそうな感じでした。
22時過ぎには晴れてきて木星を眺めてみるとやはりグニャグニャ、何回か雲が通過していくうちに少しシーイングが良くなってきました。
イメージ 2




プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR