梅メジロ

今年もメジロが梅の花に蜜を吸いに来ていました。
いつものことながら梅の花の上になったり下になったり、伸びたり縮んだり、チョコチョコ動き回って忙しい事。
ちゃんと蜜を吸っているのかなと思うぐらい素早い。
写真を撮るのもNG続発だが見ているだけでも楽しい。
そんなメジロ君です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

おしり
イメージ 9

敬礼
イメージ 10

今年はメジロの数が多いようで梅の花のある所ではかなりの頻度でメジロに出会いました、また庭のワビスケにもよく来ています。
まだ梅のシーズンが続くので今後も梅メジロが楽しめそうです。


スポンサーサイト



ロウバイ

ロウバイ(蝋梅) ロウバイ科 ロウバイ属 落葉低木。
梅のように目鼻立ちの良い花でも無く地味な花ではあるが、厳寒の最中にひっそりと黄色い花をうつむき加減に付けているのは趣がある。
江戸時代初期に中国から渡来し、中国名の蝋梅がそのまま名前になっている。
蝋細工のような花弁が名の由来とされているが諸説あるようだ。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

逆光に透けた花弁がきらきら光って綺麗だったがその雰囲気がなかなか出ない。
イメージ 5

上記とは別株だが昨年付けた果実が残っていた。
蓑虫のようにぶら下がっているのがそうで中に数個の種が入っている。
イメージ 6


ナンテンの紅葉

ナンテンは常緑樹ですが冬になると紅葉することがあります。
今までは気に留めるほどでもなかったのでですが今年は気象条件が良かったのか、かなりの枝の葉が綺麗に紅葉しました。
このナンテンは赤い実が生る樹で先月載せたシロナンテンではありません。
シロナンテンは紅葉しないそうです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

一月始めに色付いたのに気づきましたが、未だ赤い葉をつけています。
紅葉期間が長くしばらく楽しめそうです。


1月10日 アルデバラン食

1月9日深夜、10日なってすぐに牡牛座の一等星アルデバランが月に隠される星食がありました。
潜入約3分前。
イメージ 1

潜入直前、次のコマには写っていませんでした。
イメージ 2

出現直後、矢印の先がアルデバラン。
イメージ 3

出現約3分後、月の動きが速いのがわかります。
イメージ 4

今年もアルデバラン食が何回かありますが一番条件の良い星食だったと思います。



1月05日~07日の月

今年は元日から寒気の南下も弱くも暖な好天に恵まれて連続して月が撮れました。
しかし4日は予想に反してシーイングが悪くボツに、シーイングの予測が難しいです。
で1月05日は北風が強く見込みなしかと思いきやけっこう綺麗な月が撮れました。月齢7.1
イメージ 1

1月6日 月齢8.1 上弦の月ですが朝方だったので少々太っています。
イメージ 2

1月07日 月齢9.0 南岸低気圧が接近して雲が予想されたので早めに撮りました。
明日夕刻から降雨になるとの予想ですが雪にならないことを願います。
イメージ 3






三箇日の惑星と月

今年の三箇日は惑星同士の接近や月と惑星の接近が続きました。
1月1日は火星と海王星が超接近。矢印の先が海王星です。
恥ずかしながら海王星を撮るのは初めてした。
イメージ 1

1月2日は月と金星が接近。
望遠鏡の視野に収まるか心配しましたが何とか収まりました。金星が欠けているのがわかります。
しかし肉眼で見た方が綺麗に感じました。
イメージ 3

イメージ 2

1月3日は月と火星が接近。
最接近より1時間半ほど過ぎていますが近くにいました。
イメージ 4

イメージ 5

3日間同じ望遠鏡の直焦で撮っています。
1日の火星と海王星が如何に接近していたのがわかります。


元日の庭

     あけましておめでとうございます
       今年も宜しくお願いいたします

今年も例年通り喜多見氷川神社に初詣してきました。
やけに人が多く参道は長蛇の列ができていました。
二の鳥居、都区内では最古の部類に入る1653年建立だそうです。
イメージ 1

流れは良く、そう待たないで参拝できますした。
帰りは次太夫堀公園によって恒例の甘酒をいただきました。

例年と同じような写真しかないので今年は今日咲いている庭の花を撮りました。
お正月にふさわしい縁起物のマンリョウの果実。
ほとんどの果実が鳥に食べられたり落果してしまいましたが数本残っていました。
イメージ 2

枝垂れ梅の花が咲き始めました、例年より早い開花です。
イメージ 3

イメージ 4

今盛りのワビスケ。
イメージ 5

イメージ 6

日本水仙、こちらも盛りになってきました。
イメージ 7

イメージ 8








プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR