1月28日の小月面散歩、木星

一枚写真を撮った後、久しく撮っていなかった月拡大をしてみました。
シーイングが良くなかったので小拡大で撮ってみましたが、この拡大では一枚写真と大して変わりないです。
まあ、雰囲気がわかっていただければ良いのですが。
中央クレーター列。上辺にあるワルタークレーターのリムに光が当たって大きな穴ぼこがあいているようです。
イメージ 1

雨の海東岸。中央クレーター列と並んでこの月齢の見所です。
イメージ 2

木星が庇の横に見えてくる頃に大赤斑が正面に来るので、今期初大赤斑を撮りました。
シーイングは月を撮った時と同じで良くありませんでした。
イメージ 3


スポンサーサイト



1月27日(上弦)、28日の月

久しぶりのお月様です。
27日は晴れて気温も16度まで上がり春を感じさせる日でした。
しかし夕方のになると西から雲が現れしばらく月も隠れていましたが、暗くなると大きな晴れ間が現れ上弦の月が眺められました。
上弦の月と言っても円がきれいに半分になっている時に出会うことは少ないのですが、この日は見事に半分になっていました。
また、秤動で中央クレーター列が見えていないのでちょっと不思議な上弦の月でした。
月齢6.8
イメージ 1

28日は打って変わって北風が強く寒いと言うよりは冷たい一日になりました。
昨日見えなかった中央クレーター列がよく見えてきました。
月齢7.8
イメージ 2




1月24日の木星

今シーズン初の木星がやっと撮れました。
東の望めない環境で赤偉が高い木星は夜半前には姿を見せてくれませんでした。
が、衝が来月7日と気が付いて空を見ると何と22時過ぎには見えていました。
寒くシーイングが期待できないだろうと勝手にサボっていたところもありますが。
日中は曇りで肌寒い一日でしたが夜になると快晴になり風もなく暖かく感じるぐらいでした。
地上の風が無くとも上空は?なのでとりあえず屈折で撮り始めました。
ガリレオ衛星が本体のすぐ傍に並んでいましたが9時間前(木星は地平線の下です)には三つの衛星の影が同時に木星に落ちていたようです。
イメージ 1
 
何枚か木星を撮っているとだんだんシーイングが良くなって、シリウスの瞬きも少なくなり、ウーンこれは!
欲が出てマフカセを出してきて撮り直しをしました。
見栄えの乏しい位相でしたが私としてはまずまずの木星はじめでした。
イメージ 2

スバルに接近したラブジョイ彗星

北風が冷めたくとも良く晴れた17日、プレアデス星団に近づいたラブジョイ彗星を撮る事ができました。
長く伸びた尾がブログで紹介されていますが、都心の光害一等地ではやはり到底無理でした。
イメージ 1
 
翌18日も晴れていましたがカメラをセットするとお決まりのように薄雲が現れまともな画像が撮れませんでした。
もともと星が撮れる環境ではないので、彗星がスバルの近くを移動してゆくのが撮れただけで私は満足です。
イメージ 2
 
 
 

ヒアデスに接近したラブジョイ彗星

北上していたラブジョイ彗星がヒアデス星団に近付き、街明かりの影響も少なくなってきたので撮りました。
まずはヒアデス星団と一緒に、X-A1付属のXC50-230mmの広角端でトリミングしてあります。
JPEG一枚の簡単処理です。
イメージ 1
 
次いで望遠端の230mmで本体を、こちらさすがにJPEGとはゆかずRAW4枚コンポジットです。
超久しぶりの星撮影は失敗だらけ。月や惑星撮影ばかりで極軸はピッタリ合ってないしISOを勘違いするやら、処理に当たってもコンポジットの仕方を忘れたりあれやこれやで大騒ぎ。
でも光害の酷い世田谷区で尻尾は無理としてもこれだけ撮れるとは思っていませんでした。
冬の澄んだ空気が味方してくれたようです。
イメージ 2
 
 
 
 

金星と水星の接近

この時期、夕刻の西南西の低空に金星と水星が並んでいます。
金星のすぐ右下に親子連れのように水星が明るく見えています。
大山と富士山の間に沈んでゆきました。
イメージ 1
 
最接近は今晩です。水星の東方最大離角は15日ですがこの後は急激に光度が下がりますので、水星を眺めるのは今がチャンスです。
イメージ 2

エリダヌス座を北上するラブジョイ彗星

皆様のような見事な尻尾のあるラブジョイさんではありません。
星々の中を行く存在がわかるだけの彗星ですが。
年末の買い物に新宿に出かけたときBカメラに行ったところ、フジX-A1のダブルズームがポイント込み計算で4諭吉さん以下で買えるのでついついポチリました。
X5を購入してから何年かな?そろそろ新しいカメラ、特にミラーレスが欲しいと思っていましたが気に入ったものがありませんでした。
都会の光害で星を写す環境でもないのですが付属の16-50mmでラブジョイさんを撮ってみました。
満月間近のお月様が傍にあっても結構写ってくれました。もともと満月がなくてもそれ以上に明るい都会の空ですが。
03日、ウサギ座のお耳の西を行くラブジョイさん。
イメージ 1
 
翌04日のラブジョイさん、
今度は50-230mmで撮ってみましたがリゲルを入れたくて短焦点になりました。
すごく周辺減光があってちょっと問題ですな。
いずれもJPEG画像をチョコチョコとPsでいじっただけです。
イメージ 2
 
 
 

センリョウ、マンリョウ

       あけましておめでとうございます 
       今年も宜しくお願いいたします 
 
元旦は氏神様の氷川神社に初詣し、帰りは甘酒目当で次大夫堀公園民家園に寄ってきました。
寒い中での甘酒は温まって美味しかったです。
写真を撮りましたが昨年と同じようなので、おめでたい名前で縁起物のセンリョウ、マンリョウにしました。
センリョウ(センリョウ科)
イメージ 1
 
イメージ 2
 
マンリョウ(ヤブコウジ科)
イメージ 3
 
イメージ 4

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR