ブンブンブン クマバチ

毎年藤の花にやってくるクマバチだが、今年は今頃になってデュランタの花に来た。
このクマバチ君、丸いお尻とずんぐりした姿が何とも可愛くてしかたがない。
ブンブンと羽音を立てて恐そうだが花蜜を吸うおとなしい花蜂である。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
クマバチは花の正面から吸蜜をするのでなく、花の根元に穴を開けて直接蜜を吸う盗蜜が多いようです。
見にくい画像ですが手で花を抱えてぶすりと口吻を刺している。
イメージ 3
 
飛翔している所を狙ったがピンボケとブレで良い画像が撮れない。
もう少し遠くから撮れば良かったか、要は下手だと言う事ですね。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
♀ばかり来ていたツマグロヒョウモンでしたが♂が来ていたので一緒に。
イメージ 6
 
イメージ 9
 
イメージ 7
 
イメージ 8
スポンサーサイト



9月12日未明の月

いつもなら白川夜船でいる3時前に目が覚めまして・・・
満月以来、寒気流入で毎晩不安定な天気が続いていましたが外に出ると晴れていました。
眺めるだけで撮るつもりは無かったのですが・・・
やっぱり撮ってしまいました。
月齢17.1
イメージ 1
 
大きな揺れは無く、これはと思って拡大するやはり細かい揺れがありましたが、久しくぶりの良いシーイングでした。
で拡大もしてしまいました。
半分だけ見えている危機の海、大鯰が穴から覗いているよう。
イメージ 2
 
月の南東部のジャンセンはよく撮りますが意外とその周りのクレータには注目度が下がっています。
この日はやけに南東部が輝いて見えていたので拡大率を下げてジャンセン周辺をを撮ってみました。
レイタ谷などは有名ですがほとんどのクレーター名は不明です。
そのうち調べます。
イメージ 3

9月09日の月

中秋の名月は南を通過した台風で見えませんでした。、
翌日は月の出のころは雲が多かったのですが、21時過ぎには快晴になりゆっくりと満月を見ることが出来ました。
満月から12時間近く経っているので東側の秤動域が良く見えていました。
イメージ 1
 
台風通過直後でシーイングは悪く、一発撮りを撮った後はしばらくボーと眺めていましたが・・・
フンボルトやネーパーが見えていると無謀にも拡大したくなって動画撮影をしてしまいました。
ダメ元とは言えやっぱり酷い画像で・・・多少ましなフンボルトだけを載せました。
イメージ 2
 
 

9月05日の月

今年の夏は雲が多く、お月様さえ撮れない日が続いていてブログを書く気力も落ちています。
今日の予報も夕方から曇りのはずでしたが、暗くなるまで結構もってくれて今日こそまともに撮れるかなと準備していたら薄雲がワンサカ現れて・・・
しばらく引っ込んで様子を伺っていましたが、僅かな隙間でやっと撮れました。
虹の入り江やガッセンディー、秤動で南極域が良く見えていて拡大のチャンスですが・・・
そんな暇も無く分厚い雲の中に、明日からはまた下り坂で中秋の名月や満月も望めない予報が出ています。
月齢10.8
イメージ 1
 
 

デュランタ・タカラズカに集う蝶

前回デュランタ・タカラズカに来たイチモンジセセリを載せましたが、他の蝶もたくさんやってきます。
ヂュランタ・タカラズカは蝶のお好みの花の様ですがオオスカシバや蜂も来ます。
 
吸蜜に夢中で長い時間楽しませてくれたツマグロヒョウモン♀。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
花に来るとすぐにストロー状の口吻(コウフン)を伸ばして吸蜜しますが、このときは引っ込めてグルグル巻きの状態になっていました。
イメージ 3
 
グルグル回っていろいろポーズしてくれましたがその割には良い画像が撮れませんでした。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
あとキチョウと、
イメージ 7
 
モンシロチョウもきました。
イメージ 8
 
〆は求愛でなく吸蜜に夢中になっているイチモンジセセリ。
イメージ 9
 
アゲハ類も来ますが花に止まってくれません。
珍しくもない蝶ですが、都心でもまだ庭に来てくれるのはあり難い事かもしれません。 

蝶の求愛

庭にあるデュランタの花が盛りになってきた。
この花は蝶のお好みの様でキチョウ、ツマグロヒョウモン、セセリなどが吸蜜にやってきます。
中でもイチモンジセセリが頻繁にやって来て求愛行動であろう行動をしていました。
裏翅だけでは♂♀が区別できないが上が♀、下が♂のようだ。
イメージ 1
 
翅をばたつかせて存在をアピールして、(ブレブレだが)
イメージ 2
 
さらに近寄り
イメージ 3
 
後ろにたどり着いたが、この後すぐフラれました。
イメージ 4
 
別の日にキツネノマゴに二頭のヤマトシジミがいて同じような行動をしていました。
キツネノマゴは5mmに満たない小さな花を付ける雑草ですがヤマトシジミの好物のようです。
イメージ 5
 
これも裏翅だけではわかりませんが下が♂と思われます、下から徐々に近づいて、
イメージ 6
 
たどり着きましたが、
イメージ 7
 
あっさりフラレました。
イメージ 8
 
蝶の世界もチビシイですね。

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR