スズメガの幼虫

今年の夏は雲が多く安定した空は全く現れません。
かなり前から秋の鱗雲が現れて、青い空に白い入道雲は何処に行ってってしまったのか。
昨晩は雲も無く西の低空に土星と近づいた火星がきれいに並んで見えました。
お月様もぜんぜん撮れてなく、今晩ぐらいは下弦の月が見られるかなと深夜2時過ぎに外に出てみると朧月、
であっさり諦め寝ました。
8月に入ると咲く花もなくなり、蝶もヤマトシジミが現れるだけでさっぱり。
てな訳で7月に撮った画像ですがスズメガの幼虫2題です。
幼虫と言っても芋虫ですから苦手な方はスルーしてください。
 
ひとつは山の芋の葉を食べて蔓に摑まってお休みしているようす。
蛾の幼虫の事はよく分かってないので調べてみると、キイロスズメの幼虫らしい。
イメージ 1
 
ひっくり返してもしっかり蔓につかまっている。
イメージ 2
 
前から見ると東海道新幹線の300系のようだ。
イメージ 3
 
もうひとつは建物と床タイルの間をうろちょろしていた芋虫。
セスジスズメの幼虫のようだ。
イメージ 4
 
蛹になるところを探しているのか上を向いたり横を向いたりして、
イメージ 5
 
だんだんこちらへ近づいて、このままでは踏み潰されるとつまんで草木のあるところに放しました。
アリクイの鼻先みたい。
イメージ 6
 
どちらも最終齢のようです。その後成虫になったかどうか、姿は見ていません。
スポンサーサイト



8月05,06,07日の月

今年の夏は太平高気圧の張り出しが弱く、高気圧の周りに沿って台風や湿った暖かい空気が流入して各地に大雨を降らしています。
関東は比較的高気圧の中心に近く晴れて猛暑になっていますが夜になると雲が出ることが多く、新月以来まともに晴れたことがありませんでした。
5日になってやっとスカッと晴れ夏の東京としては珍しいぐらいに透明度も良く、月を挟んでアンタレス、土星火星スピカがきれいに並んで見えていました。
しかし南風が強く吹きシーイングもどうしょうも無いボロボロの状態。
それでも久しぶりなので撮りました。
5日の月 月齢9.5
イメージ 1
 
6日もきれいに晴れましたが南風はさらに強くなってシーイングもさらに悪化。
やたらと枚数を稼いで撮った中から何とか見られる画像をやっとこさ探し出ました。
6日の月 月齢10.5
イメージ 2
 
7日は台風の接近で危うい感じでしたが昼間は見事に晴れて今日も撮れるかも、と思っていたらやっぱり夕方から秋のような高層雲が現れてきました。
何とか隙間に月が出ていたのであわてて撮ったのですが薄雲が掛かって冴えません。
7日の月 月齢11.5
イメージ 3
 
 

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR