12月29日の月、金星 30、31日の月

明日はついに大晦日、月日の経つのは速いものです。
今年最後の月と金星です。
29日の月、月齢25.8
イメージ 1
 
朝に弱く寝ている私がこの時間に撮るのはちょっとした訳がありまして。
今年一年、月の秤動は北西、南東を行ったりきたりで北東、南西の秤動域は全く見れませんでした。
それが解消して月齢の良い時期に見られるようになったからです。
最良の条件ではありませんでしたが、まだ撮ったことのない東の海が微かに撮れました。
シーイングが悪くそのまま3倍DZ動画撮影しました。かなりトリミングしています。
東の海を取り巻く二重の山脈が何とか見えますがはっきりしていません。
イメージ 2
 
東の海は中心経度が西経95度の月の裏側にあって秤動の条件が良いときに見えます。
この東の海は巨大な隕石によって作られた三重のリングがあってオリエンタルベインズと呼ばれいます。
NASAの画像をお借りしましたが外側のリングは直径930km、内側でも480kmあります。
雨の海1200kmに次ぐ大きな月の海です。
イメージ 3
 
その日の夕方の金星、22日より細くなってきましたが高度はさらに下がってシーイングはグチャグチャ。
レジスタック処理で何とか形は見られますが実際より太ったいるかもしれません。
イメージ 4
 
今朝、30日の明け方の月です。
月齢26.8 シーイングは前日より酷く拡大もしてみましたがボツになりました。
イメージ 5
 
31日のお月様 月齢27.8   12月31日追加
慣れと言いましょうか、目覚ましを掛けなくても6時に目が覚めて細い月を撮ってしまいました。
ビルの陰でしばらく見えなくて薄明も進んでいらいらしていたのですが何とか撮れました。
イメージ 6
 
明日はお正月、お月様も新月。
重なることは珍しいですが旧暦では12月01日でまだ新年ではありません。
皆様良い新年をお迎えください。
スポンサーサイト



木の実

落葉樹の葉が落ちてあたりはすっかり冬模様になりました。
まだ膝の調子が良くなく病院通いをしていますが、帰りにあたりを散策すると結構木の実が見つかりました。
日本水仙が咲き始めましたが他に花が無い中ちょっとした楽しみになりました。
おなじみナンテンの実
イメージ 1
 
雨上がりで雫が水飴のように付いて。
イメージ 2
 
シロナンテンはちょっと珍しい。
イメージ 3
 
ヒイラギモチ 
イメージ 4
 
クリスマスの飾りに使われます。
イメージ 5
 
マルバシャリンバイ (丸葉車輪梅)
イメージ 6
 
まだ花が残っていました。
イメージ 7
 
ノイバラと思われる実。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
病院は世田谷区と調布市の境にあって近くに数軒の農家がまだ残っています。
その農家にあったシシユズ(獅子柚子) このあたりでは珍しい。
鬼柚子とも言われますがブルドッグの顔のよう。
イメージ 10
 
柚子と言ってもブンタンの仲間で直径20cm以上ある大きな実です。
イメージ 11
 
傍らに直買所があり1つ100~150円で売っていました。
 
 

12月22日の金星、木星、月

建物と樹木に囲まれた我が家で西南西の一角に僅かな隙間がありそこに金星が見えるようになりました。
内合まで約20日になり細くなった金星が見えるはずです。
金星はこのあと急速に北へ移動するとともに高度が低くなってこの隙間から見えなくなります。
低い金星はシーイングが悪く相変わらずグニャグニャでしたが細くなった姿を見ることができました。
イメージ 1
 
月齢が進んで月の出が遅くなり、まだ赤緯も高いので庇の陰でなかなか見えてきません。
月が庇から見えてくるまで木星を撮る事にしました。
今時のシーイングではこんなものでしょうか。
イメージ 2
 
0時近くになってやっと月が見えてきました。
秤動で北がよく見えており、南のクラビウスが月の端に近づいていました。
イメージ 3

降雹と12月20、21日の月

満月の後、雨の日が続いていましたが20日の昼には止みは晴れ間も見えてきました。
しかし13時過ぎると雲行きが怪しくなって雷様がドカンと一発。
大粒の雨が降る中、外を見ていると庭がだんだん白くなってきてありゃこれは雹かな。
東京で5月に雹が降る事はありますが12月の降雹は珍しい事です。
とっさに手元にあったカメラで撮りましたがピントがあまいし、雹だか雪だかわかりにくいです。
植木鉢の中が白くなっています。
イメージ 1
 
吹き溜まりはかなり白くなりました。
イメージ 2
 
雹が降ったのは僅か2~3分でしばらく雨が続いていましたが、夜には晴れてきれいな冬の星座と月が見えていました。
冬の三角形とともに月と木星、プロキオンで小さな三角形が出来ていてに賑やかな空でした。
激しく天気の変わった後ですからシーイングが良いはずがなく、オニール橋があったら撮りたい月齢ですが拡大は止めました。
20日の月 月齢17.5
イメージ 3
 
昨晩も夕方少し雲が出ましたが夜は快晴でシーイングは相変わらず。
一枚写真のみで引き上げましたがきれいな星空でした。
21日 月齢18.5
イメージ 4
 
 

12月17日の月 北の秤動域

一見晴れているような空でしたが淡い薄雲が有り、薄雲が時々通過する条件の悪い日でした。
満月と北東の秤動域が見えている位相でしたので撮りました。
月齢14.5 薄雲でコントラストがつきません。
イメージ 1
 
雲の動きが速く晴れ間があってもすぐに次の雲が来て動画撮影などする条件ではありませんでした。
しかし明日の天気は望めそうも無く、北東の秤動域が見えているので中断を覚悟で撮った画像です。
やはり半分はNGでした。
 
しばらく見難かったフンボルト海周辺です。
わかり易い所のクレーター名を入れましたが準平原の多い北極付近は判別が難しいです。
イメージ 2
 
フンボルト海の左側で北極点付近です。
イメージ 3
 
オマケ、14日に撮った金星です。冬型の強い日でグニャグニャ、形を成さないシーイングでしたがレジスタックにかけるとこんな感じになりました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

黄色の絨毯

今日、東京の都心で初霜を観測したそうですが寒くなりました。
家の周りの落葉樹は一部の木を除いて落葉してしまいました。
 
最後まで残っていたイチョウの葉が強い雨風にあおられて散り歩道が黄色い絨毯になった先週の画像です。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
別の日ですが低い太陽が当たって長い影ができていました。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
半分落葉したイチョウの木は幹や空が見えてきて一番好きな姿です。
イメージ 6

12月12日の月

南西の強い風が吹き荒れた一日でしたが、夜になって前線が通過し風も弱まり一見穏やかな雰囲気でした。
しかしオリオンの一等星を見るとギンギンギラギラ。
ともかく南中したお月様を眺めると稀に見る物凄く素晴らしいシーイング、買ってはいけない望遠鏡以下の状態。
さっさと諦め昨日撮った月を載せることにしました。
 
12日 月齢9.5
イメージ 1
 
ティコクレータから出ている光条は満月前後がはっきりと見えますが周りのクレーターは見えなくなります。
しかしこの月齢の頃は周りのクレーターに淡いベールをかけたような光条が幻想的に見えます。
そのまま3倍ズーム動画にして撮りました。
イメージ 2

12月10,11日の月

雲の多い日が続いていましたがやっと晴れてくれました。
16日は午後には雨が上がりましたが、夕方近くになって前線による雨が降りました。
雨はすぐ止み晴れて綺麗な夕焼けが見えていましたが今度は北風が強く吹き出しシーイングは期待できそうもありません。
拡大は無理としても半月となると撮らざるを得ないのでした。
16日 月齢7.4 秤動の関係で中央クレータ列が夜明けを迎えたばかりでした。
イメージ 1
 
11日 月齢8.4  この月齢のころは満ち欠けの変化が大きく、前日と比べるとかなり太っています。
             シーイングは昨日に劣らぬ酷いものでした。
イメージ 2

12月05、06日の月

新月を過ぎて夕方の空に月が回ってきました。
朝が弱いので2週間ぶりのお月様です。
 
05日 月齢2.3 高度が低く樹の間からの撮影でしたが思ったより良いシーイングでした。イメージ 1
 
まだ空が明るい時、セットしてピント合わせをしていると西へ向かう飛行機がすぐ傍を通り抜けました。
何とか一枚だけ撮れました。
イメージ 2
 
06日 月齢3.3 今日も樹の隙間から、僅かな時間であわただしい撮影となりました。
イメージ 3

モミジ、イチョウの紅葉

無沙汰しております。
実は膝痛が悪化し先週は病院通いになってしまいました。
老化とちょっと無理して歩き回ったのが原因のようですが、少しでも体に不都合があると何もする気がなくなって皆様へのコメントも疎かになってしまいました。
そのちょっと無理をした一つが、秋景色を求めて国分寺崖線を上がったり下がったりを繰り返していました。
その時はたいした痛みもなかったのですが、そのあとまた買出しで新宿を歩き回ったり付近の紅葉を求め歩いたり、普段やらない事を急にしたのが良くなかったようです。
そんな2週間に撮った秋景色のうちのモミジとイチョウを取り上げました。
 
崖線の上にあったモミジ
イメージ 1
 
イメージ 2
 
逆光で狙ってみましたがさえないです。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
3本の大イチョウです。背が高く引いても収まらず人様の駐車場に入って何とか。
イメージ 5
 
右2本の木の下から。
イメージ 6
 
青い空に黄色い葉が映えます。
イメージ 7
 
イメージ 8
 

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR