12月26日 月と木星の接近、27日の月

月と木星の接近は毎月あるのですが、この日はアルデバランと小さな冬の三角形を作っていました。
冷たい北風が吹き寒い事しきり、シーイングも期待できず望遠鏡を出す気にもなれず、でカメラレンズで撮りさっさと引っ込みました。右上が木星、右がアルデバランです。
イメージ 1
 
その翌日、全国のアメダス観測点の9割が氷点下を記録したそうですが、メダカさんのいる大きな鉢には今年初めての氷が張っていました。
イメージ 2
 
夕刻、冬枯れの中を月が昇ってきました。
イメージ 3
 
満月一日前の月です。今後しばらくお天気が良くない予報が出ているので撮る事にしました。
冷たい北風は収まりましたが、シーイングは相変わらずで木星は諦めました。
27日の月 月齢14.1
イメージ 4
 
 
スポンサーサイト



12月20日の木星

夕方上弦の月を撮ったときものすごいシーイングだったのですが、大赤斑と衛星の通過があるので片付けずにそのままにして待機いました。
シーイングは先ほどより落ち着いていて撮影体制に入りましたが、モニターの木星に黒い影が。
撮影素子にゴミが付いているようで急いで掃除をすると今度はカメラのバッテリーの容量がない。
何だかんだしているうちに大赤斑は西に傾きガニメデは通りすぎ影も真ん中を通過していました。
この後イオが通過するのでその様子を一緒にまとめてみました。
左がガニメデ、右がイオで影が後から追っかけて行きます。
イメージ 1
 
 

12月19日、20日(上弦)の月

いつもと変わり映えのしない一枚写真のお月様です。
上弦を挟んで前後3連チャンを載せるつもりでしたが、今晩は厚い雲に覆われてしまいました。
はっきりと見えませんが秤動のためどちらも南の海、スミス海が良く見えています。
19日 月齢5.9
イメージ 1
 
20日 月齢7.0  シーイングが悪くピントもままならぬ状況でした。
イメージ 2

12月14日の木星、16日の月

そうドジョウはいないと思いながらもシーイングを期待して木星を撮りましたが、早々に薄雲に覆われ3カット撮るのがやっとでボツにするつもりでした。しかし衛星カリストが上方通過していたので復活です。
今は衛星軌道をやや斜めに見ているので、カリストは表面通過や後ろに隠れたりすることがありません。
雲が厚くなり途中で撮影中止した最後の画像ですがシーイングは一番良かったです。
イメージ 1
 
16日の月 月齢2.9
いわゆる三日月です。まだ薄明が残っている時の画像が良い雰囲気を出しているので見た目にしてみました。
危機の海が夜明けを迎え、4大クレーターが際立って見えます。
イメージ 2
 

12月12日の木星

2012/12/12とトリプル12の日でした。今世紀最後のトリプルデーだからという訳でもないでしょうが、ミサイル騒ぎで慌ただしい一日でした。
お空の方は快晴で気流も良さそうだし大赤斑も見えているのでMAK180を出して見ると、この時期としては嬉しいシーイングでした。
左の衛星はイオで木星の後ろに隠れようとしています。
イメージ 1
 
最後に3衛星と一緒に撮りました。右は近付いてきたガニメデ、中はエウロパでカリストは遙か右でした。
イメージ 2

12月10日の木星、11日の月

快晴の日が続いていますが、強い冬型の気圧配置で撮影はパスしていました。
この日は木星の大赤斑が回って来るので21時から見てみましたが物凄いシーイング。
2本の縞が見えるぐらいで、時たま爆発したようにグジャグジャになり、こりゃダミダ。
大赤斑が西に傾きかけた頃少し改善したので撮りましたが、良像は期待できないので始めから屈折でした。
イメージ 1
 
シーイングは変わらず、大赤斑は沈み”本日はここまで”のつもりでしたが、通過中のエウロパが出てきたところを撮ろうと待っていました。
すると何でこうなるの! シーイングが改善していました。ここまで極端に気流が変わるのはどうしてでしょう。
イメージ 2
 
翌朝、東天に惑星と月が一直線に並ぶのですが、自宅からは東側にビルがあって期待はしていませんでした。
朝弱い私ですが何とか起きて眺めると、案の定月は見えているも金星以下はビルの後ろ。
月だけ撮ってまた寝ました。月齢26.9
イメージ 3
 
 
 

12月06日の木星・ガリレオ衛星

3日に衝を迎えた木星でしたが2日からずーと雲の多い日が続いていました。
やっとこの日にスカッと晴れたのですがシーイングは最悪。
ガリレオ衛星が木星の傍に集結しイオが表面を通過中でしたので衛星の動きを追ってみました。
衝を過ぎたので今までとは反対に衛星本体が先に、影が後を追って通過して行きました。
左からガニメデ、イオ、カリスト、エウロパです。
イメージ 1

月は東に日は西に・天体イルミネーション

どうにもお天気が良くなりません。昨晩も雲が行き来し月の出も遅くなってやる気なし。
そんな訳ではありませんが、PCに取り込んでそのままになっていた画像をやっと処理しました。
先月27日は冷たい北風が吹いたので透明度は良く青く澄んだ空でした。
最寄の駅ビルの上からスカイツリーが見えますが、いつもは霞んで見難い事が多いのです。
今日はスカッとスカイツリーも見えるだろうし、満月前の月もツリーの傍に出てくるので期待していました。
用件で出かける前に一応確認するためビルに上がるとスカイツリーがきれいに見えていました。
直線で約21キロですが大きく見えます。夕方にはツリーの右上に月が出るはずですが。
イメージ 1
 
ここからは東京タワーも見えるのですが、ありゃありゃ・・・いつの間にか手前に高層ビルが。
かつて富士山が眺められた名所が、ビルのため見えなくなってしまった所が数多くあります。
イメージ 2
 
さて夕方、帰りが少し遅くなったのでお月様は何処にいるか。
ウーン・・・ちょっと遅すぎたようでツリーの遙か上。ともかく撮りました。
イメージ 5
 
月が東に出れば西に太陽が沈む時期なので、西に回ってみると雲の後ろに隠れて沈んでゆきました。
富士山頂は雪煙を上げているようです。
イメージ 6
 
箱根の山々がはっきりと見えていました。左二つが二子山で無線中継場のアンテナが見えます。
右の二つの左が駒ケ岳、山頂の社が見えます。その右は神山です。
イメージ 7
 
このビルの上には植え込みがありイルミネーションが付けられています。
その植え込みの間から富士山とイルミネーションを狙ってみました。
イメージ 8
 
このイルミネーションにはご覧の題が付けられていました。
イメージ 9
 
宇宙ロケットや
イメージ 10
 
お月様と流れ星
イメージ 11
 
土星と銀河鉄道のつもりでしょうか。
イメージ 12
 
振り返るとイルミネーションの上にお月さまも。まだ薄明の中、携帯で月を撮る子づれの女性2人。
イメージ 3
 
最後にこの日夜更けての月です。 月齢13.7イメージ 4

11月30日、12月01日の月

天気変化の周期が速く安定した夜空が見られない日が続いています。
0時を過ぎたので30日ですが29日の晩の月です。
宵の口には降水がありましたが、夜半前に一時的に雲が切れて満月過ぎの月が撮れました。
月齢15、7
イメージ 1
 
昨日は午後から晴れると同時に冷たい北風が吹き、イチョウやケヤキの葉がわんさか飛んできて今日は朝から掃き掃除でした。腰がイタイ。
昨晩はすっきり晴れましたが、冷え込みシーイングも期待できない状態で諦めるつもりでした。
しかしいつもの恒例で(曇や雨でも)寝る前に空の状況を眺めに外に出て見るといけませんね、月を撮ってしまいました。まあ1枚撮りなら15分もあれば事が済みます。
当然ながらピントもあわせ辛い物凄いシーイングでした。月齢17.7
イメージ 2
 
おまけの木星です。
28日の半影月食のとき月のすぐ傍に木星が並んでいました。
満月を撮った後、半影の影が濃くなるまで時間があつたので木星を撮りましたが悪シーイングでボケボケでした。
近くにガニメデ(左)とエウロパがいたので拡大率を下げて一緒に撮りました。イオは木星の裏のようです。
イメージ 3

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR