半影月食 11月28日 満月

皆既日食を起こした月が反対側に周ってきて半影月食を起こしました。
半影月食は月が欠けるわけでもなく、本影に近いところが薄暗くなるだけで月食とは言い辛い現象です。
月好きとしては見逃すわけには行かないので待機していましたが、雲が多く22時近くになってやっと晴れ間が広がりました。
半影月食が始まって45分経過していますが影に入っているようには見えません。
月食間近の月は影がまったく無く真ん丸のお月様になります。
見た目を重視して北を上にしました。月齢14.6
イメージ 1
 
今回の半影月食は本影の南側を通過するので月の北側が薄暗くなります。
最大食と前後30分の月の様子です。影が左から右へ抜けていくのが解ると思います。
イメージ 2
スポンサーサイト



11月22日の月面散歩、24日の木星

何かと気がせわしくて画像処理がいっこうに進みませんでした。
22日に撮った中拡大の月面です。
チコから直線壁、中央火口列までの一番見応えあるところです。
満月の頃は燦然と輝くチコも欠け際では普通のクレータと区別がつきません。なので名前を入れました。
イメージ 1
 
上の画像の北側です。
ヒギヌス谷、アペニン、アルプス山脈、アルキメデス、アリストテルス、プラトーなど、ここも見応えのある場所です。
イメージ 2
 
24日の木星
透明度は落ちましたが夜半近くになると雲もなくなりシーイングも落ち着いてきました。
第二衛星のエウロパが木星の裏から出てきたところです。
イメージ 3

11月22~23日の月、木星

22日は1日中曇りでしたが夕方には晴れ間が広がってきました。
前日見えなかった中央火口列のクレータが見えていましたが、欠け際からはかなり離れていました。
一晩でこれだけ離れるとは、これにもちょっと不思議な感じがしました。
太り方が一番大きい時期ですが、欠け際の動きと秤動の動きが相反する方向だったからでしょう。
イメージ 1
 
月を撮った時のシーイングがまあまあだったので木星に期待をしていました。
しかし軒先から木星が見え始めた頃には薄雲がわんさか通過し、シーイングも不安定な状態で撮影中断する事数回、やっと撮れた一枚です。
イメージ 2
 
その後も雲に何度も覆われ、様子見に外に出たり入ったりを繰り返ししていたところ、0時近くになってやっと大きな晴れ間が出てきました。
シーイングは今時としてはまずまずでしたが次第に悪化していきました。
イメージ 3
 
夕方の月と雲との戦いで疲れ、大赤斑は諦め寝る事にしました。

11月21日の月 (7枚モザイク)

この日は夜には曇る予報が出ていたので早めに撮りました。
半月を過ぎたのに秤動のため中央火口列のプトレメウスやアルフォンススがまだ影の中で少し不思議な感じかします。
イメージ 1
 
このあとモザイク画像ための拡大動画を撮りました。
7枚合成ではモザイクと言えないかもしれませんが、月全体の画像はやった事がなかったので練習のつもりでやってみました。
少しはいいかな?。
イメージ 2
 
 

11月19、20日の月

昨日は1日中曇り空で最高気温も10度以下と真冬の陽気になりました。
夕方になると雲が取れお月様が見えてきました。
湿気が多いのか透明度は落ちていました。シーイングはさほど悪くないと思って拡大撮影も始めたのですが、だんだん悪化し途中で止めました。
月齢5.4
イメージ 1
 
今晩は上弦の月です。しかし6時間後なのでまだきれいな半月にはなっていません。
もう少し後に撮ろうと思っていましたが、西の方角から薄雲が現れてきたのであわてて撮りました。
月齢6.4
イメージ 2

11月18日の月

昨日の雨も上がり快晴の1日になりましたが、冬型の気圧配置になり東京でも木枯らし1号が吹きました。
夕暮れの中、月の明るさがぐんぐん増してきました。
しかし風は相変わらずで寒いし、シーイングはメロメロ。
一枚写真だけ撮って引き上げました。こんな気流では拡大や木星は諦めです。
月齢4.4
イメージ 1

11月15~16日の木星

昨晩のガニメデに続きこの日はエウロパの木星面通過が見られました。
シーイングは良くありませんが大赤斑も見えてくるし、衛星の影や姿が写ればいいので撮りました。
エウロパの影はBAの上を通過して行きました。
イメージ 1

11月15日の夕景 月齢1.4の月没

14日に皆既日食を起こした月が西空に周ってきました。
お天気も良く細い月が見たくなり例の場所にカメラを担いで出かけました。
冬の西の空はちぎれた雪雲に覆われることが多いのですが、綺麗な夕焼けと山に沈む月を撮る事が出来ました。
イメージ 1
 
左の三角の山は大山です。
イメージ 2
 
暗くなるにつれて月の高度が低くなり地球照も微かに見え始めました。
イメージ 3
 
普段汚れた都会の空では、細い月と地球照が同時に見える状態で月没を迎えることはめったにありません。
イメージ 4
 
やがて丹沢の山に沈んでゆきました。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 

11月15日の木星

雲のない晴天でしたがシーイングは良くありません。
ガニメデの影が木星面を通過するのに重きをおいて屈折で撮りました。
この後ガニメデ本体が通過していくのですがお時間がよろしい様で。
イメージ 1

11月11日の木星

昨晩は風も収まって穏やかな夜空が見えました。
小さな雲がありましたが明日は雨になる予報でしたので、木星を撮ることにしました。
23時半過ぎから眺め、撮影をしていましたがシーイングは良くありませんでした。
0時過ぎに撮った木星ですがすっきりしません。
イメージ 2
 
気流の改善を期待して時間稼ぎに衛星写真を撮りましたが4衛星がきれいに並んでいました。
イメージ 1
 
この後すぐに撮った木星からシーイングが少し改善しました。
もう30分も粘れば大赤斑が見えてくるところですが疲れたので寝ました。
イメージ 3

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR