7月28日の月

やっと夜に薄雲のない晴れ間が出ました。
月の高度は低く透明度も悪く条件は良くないですが、やはり撮るしかないでしょう。
28日の 月齢8.2
イメージ 1
 
MAK180を使って月の拡大写真を撮りたかったのですが、天気もシーイングも悪くなかなかその気になれないでいました。
シーイングは良くありませんが初めて直焦点で撮ってみました。Fが2.700mmもあるのでそのまま3倍のデジタルズームでテストしました。
場所は比較がわかりやすい、おなじみ定番のコペルニクス周辺と
イメージ 2
 
プラトー周辺、及び
イメージ 4
 
クラビウス周辺でした。
イメージ 3
 
さらに拡大率を上げて撮り始めたところ、雲さんの襲来で終わりにしました。
スポンサーサイト



7月27日の月

連日35度を越す真夏日が続いていますが、空の方は薄雲が多く夏らしいスカッとした天気とは程遠い状態が続いています。
今日も午後は雲のない晴れになりましたが、暗くなると薄雲さんの出陣。
昨日ほど雲は厚くありませんが、空一面に薄雲が。久しぶりなので、ともかく雲が薄くなったところを撮りました。
拡大撮影にはちょうど良い月齢なのですが、シーイングも良くなく、なんせ薄雲がべったりでさっさと諦めました。
 
27日の月 月齢8.2
イメージ 1
 

ドラえもん電車

梅雨明けしてから夜になると曇る傾向が続いています。今日は上弦の月、もうそろそろ晴れてくれるかと思っていましたが、朧月どころかかすかに存在がわかる程度で今晩も断念。
20日から小田急で走り出したドラえもん電車を紹介します。
小田急では”F-TrainⅡ"と言っていますが、川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアム1周年記念の宣伝電車。
車体の側面に漫画のキャラクターをラッピングをした10両編成の電車で来年3月まで走るそうです。
鉄ちゃんではありませんが、鉄道が好きで時たま撮鉄もどき事をしています。
 
20日走り始めた当日帰りに新宿駅で偶然出会いました。
新宿よりの先頭車です。小田原よりの先頭車はドラえもんの顔だけのようです。
イメージ 1
 
発車時間が迫っていたので私の好きなドラえもんがちりばめられた7号車のみ撮影しました。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
F-TrainⅡのⅡとは昨年先代のF-Trainがあったためです。
このとき都から東京都屋外広告物条例に違反しているとして運転休止をしたのでした。
理由はデザイン部分は列車側面の面積の10分の1以下でなければならない。
昨年より小さくなりましたが、肝心な事にはそっぽを向いて、どうでも良いことにはうるさいお上の体質は相変わらずと言った所でしょうか。

7月16、17日の夕焼け

関東地方は17日に梅雨明け宣言がでましたが、前日も雲が多いながらも晴れて暑い日でした。
上層から下層までいろいろの雲があって面白い夕焼けが見られました。
16日の日没直後の夕焼けです。
イメージ 1
 
下に見えている雲をズームアップして見ると、まるで黒点のような感じでした。こんな黒点出てこないかなぁ。
イメージ 2
 
さらに日が沈んで下層の雲は黒くなり、上層の雲が赤くなって異様な雰囲気になりました。
イメージ 3
 
梅雨明け宣言の出た17日の夕焼け。
西の空は積乱雲で見えませんでしたが、上空の高層雲が赤く染まりオーロラのようでした。
イメージ 4
 
青い空と高層雲の対比が綺麗だったのですが、あまり上手く撮れませんでした。
イメージ 5

7月10日の土星、11日の太陽

梅雨の晴れ間とは言え夕方になると雲が多く土星はしばらくお休みでした。
ところがこの日は雲もなくゆっくりと土星を楽しみました。月日の経つのは速いもので土星はすっかり西に傾き火星がすぐ近くまで迫っていました。
南よりの風が心地よかったのですがたまに強く吹くときがありモニターの土星がグラグラ、シーイングも良くありませんでした。
そんな訳であまり期待もせずに処理した土星ですが意外に良く撮れていました。
イメージ 1
 
11日の太陽。 天気予報に反してしぶとく晴れが続いていて朝から良い天気でした。
気になっていた黒点1520群がどうなっているか昼に撮ってみました。期待するほど変化はなかったのですが、1519群との間に1521群ができたようです。
細かい黒点が多くどの黒点がどの群に属しているのかさっぱりわかりません。
イメージ 2
 
 
 

7月09日の月、太陽

昨日は午後からさわやかな晴れ間が広がり何かと期待していた。しかし夕暮れとともに雲さんの出現。
しばらく見ないうちにすっかり西に傾いた土星が雲間から見えていましたが、撮れるほどの隙間もなく月の出も遅いので諦めて寝てしまいました。
ところが夜中に目が覚め外に出てみるとほとんど快晴の状態。今時期にしては涼しくお月様も良く見えています。
月の全体写真だけでも撮ろうとセットして見て見ると細かい振動はあるものの、かなりシーイングが良い状態。
半分寝ぼけながらも拡大撮影もしてしまいました。
月齢19.1  8日の晩ですが零時を過ぎ日付が変わリました。
イメージ 1
 
神酒の海は巨大隕石の衝突した跡で2重のリング構造がよくわかります。
アルタイの壁やテオフィルスの火口丘の陰が印象的です。
イメージ 2
 
晴れの海の東にはサーベンティンリッジと呼ばれる長々と伸びた皺があります。太陽の高度が低くないと見難い地形です。上のクレーターは夕暮れを迎えたポシドニウスです。
イメージ 3
 
9日昼も晴れて湿度も低くさわやかなお天気になりました。
太陽黒点は1515群が西に傾くと入れ違いに大きな黒点1520群が現れました。
イメージ 4
 
1520群の拡大撮影もしましたが、あまり上手く撮れませんでした。右の黒点は1519群です。
イメージ 5
 
 
 

7月04日の太陽

昼前から晴れ出し真夏日になった暑い日でした。
黒点が賑やかになっているので気になっていましたが、時々雲が通過するもやっと撮れました。
ちょうど南中の時刻で高度も高く日差しにさらされていると暑いこと暑いこと。
今年は小さい黒点がたくさん集まった大きな群が多いような感じがします。
イメージ 1
 

7月02日の月 26,29日の月拡大

夕方から雲に覆われてしまいましたが、22時ごろ空を見ると雲に隙間が出来ていていました。
見えていれば撮りたくなり始めましたがやはり薄雲が掛りっぱなしでした。
月齢12.9 月の赤偉が最南で赤っぽくシーイングも良くありません。
イメージ 1
 
6月26日.29日の中拡大写真で未処理の画像があり、ボツにするつもりでしたが折角なので載せることにしました。
26日 月南部のクレータだらけの所です。
イメージ 2
 
29日 定番クラビウス、チコ付近です。これもヘンテコリンな角度になってしまいました。
イメージ 3

6月29、30日の月

29日の月 月齢9.8
夜には雨が降る予想でしたが、午後から晴れて予想外の月撮影になりました。
イメージ 1
 
シーイングは、あまり良くなかったのですが、虹の入り江付近が夜明けを迎えていたので、例のお気軽動画中拡大で撮ってみました。
広い範囲を一画面に入れたかったので変な角度で撮ってしまいました。首をひねって見てください。
イメージ 2
 
30日の月 月齢10.8
曇り空でしたが隙間から月が見え隠れしていました。時たま撮って下さいと言わんばかりの時もあったので、撮影しましたが終始薄雲の中でした。
イメージ 3

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR