3月28,29,30日の月

28日 月齢5.8 3日間の天体ショーも終わって月だけのんびり撮りました。
イメージ 1
 
29日 月齢6.9 晴れの予報でのんびりしていましたが、気が付くと薄雲がべったり。しばらく様子を見ていましたが朧月のまま変化なし。月も西に傾いてきたのでともかくシャッターを押しました。
イメージ 2
 
30日 月齢7.8 午後から曇り空で今日は無理かなと思っていたところ、暗くなった頃に晴れてきました。
しかし風が強くモニターのお月様はブルブル。風の息の合間にシャッターを切りました。
一見晴れているようでしたが昨晩と同じように薄雲がかかってその後雲ってしまいました。
イメージ 3
スポンサーサイト



3月27日の月、火星、土星

27日は一昨日からの月と惑星のショーも最終日を迎えスバルと月が最接近していました。
ごたごたしていて画像処理が遅れ少々古くなりました。
 
何はともあれ月の撮影から始めました。月齢4.8
イメージ 1
 
火星の全周を撮るつもりで一週間ごとに同じ時刻頃に撮ってきましたが、天気図から今日は多少まともなシーイングであろうと決行しました。土星も撮る予定でいたので遅めのスタートとなりました。
イメージ 2
 
最後に土星を撮って終わりとしました。
イメージ 3
 
もう今日は止めようと思っていた天体ショーですが、木星の撮り収めと思い近くに出かけ、屋根に隠れる寸前の去り行く姿をスバルと一緒に撮りました。前景を強調したかったので明度を上げています。
イメージ 4

3月26日の月、木星、金星、スバル

昨日に続き西の空が賑やかなので撮影しました。
昨晩は時々雲が通過しましたが、金星と木星の真ん中に月が入る構図で、今朝の朝刊にもスカイツリーと一緒に撮った写真が載っていました。
 
時間が前後しますが月の写真から。月齢3.8 物凄いシーイングでピントも儘なりませんでした。
イメージ 1
 
雲が行き来していたので最初に3つの対象を。敷地の中からは見えないので道路の脇からの撮影で、左側の赤いのは信号機です。
イメージ 2
 
やはり街の明かりが見えている全景を撮りたくなって例の場所へ移動しました。
飛行機やら雲さんやらでいっそう賑やかになりました。
イメージ 3

3月25日の月、木星、金星、スバル

この日は西の夕空に下から月、木星、金星、スバルがほぼ同じ間隔で並ぶ日でした。
 
まず月の高度がある早い時間に月を撮影。月齢2.8
イメージ 1
 
固定撮影でブレブレですが地球照を。ブレは上に写っている恒星でわかります。
イメージ 2
 
最後にいつもの所に移動して月からスバルまでの全景を撮りました。
イメージ 3
ちょっと見難いですが拡大するとスバルがわかります。

3月21日の火星と土星

いつも夜になると曇りになる南関東ですが、この晩はきれいに晴れていました。
21時ごろ火星を見ると相変わらずのシーイングでしたが、北風も夜半前には収まる予報もあったので様子をみていました。
前回うっかりテレコンを付けたまま撮影して露出不足のザラザラの画像になってしまいましたが、今回は外して当初予定した拡大率でやってみました。
 
この時間は不安定な気流ながらも少しまともになりました。
イメージ 1
 
また少しシーインが悪化したようでした。
イメージ 3
 
その後に土星を撮りましたが、最後の最後に撮ったこの画像が一番シーイングが良かったようです。
イメージ 2

メジロの行水

梅や桜の蜜を吸いにメジロが訪れる姿をよく見かけますが、メダカがいる大きな鉢にメジロが現れ水浴びの姿が撮れました。
日が傾き木の下で薄暗く、逆光で写りが悪くボツにするつもりでしたが珍しいので記事にしました。
 
飛び込むか・・・、どうしようかな・・・、オラが映っている。
イメージ 1
 
変なヤツがカメラで覗いている。用心用心。
イメージ 2
 
エイャー、バシャン、バタバタバタ・・・
イメージ 3
 
ウワー、チビタかった。
イメージ 4
 
とメジロさんは言ったかどうかわかりませんが、カラスの行水ならぬ瞬時のメジロの行水でした。

その後のフキノトウ

以前紹介した我家のフキノトウがニョキニョキ大きくなって、立派な花を咲かせました。
きれいな色の花でもなく目立たない存在ですが、よく見るときれいなものです。
 
周りが融けたの雪の中のフキノトウ。このような姿が春の訪れを余計に感じさせるのしょう。
イメージ 1
 
約半月後ここまで大きくなりました。
イメージ 2
 
接近して写すと小さな花が無数に咲いているのがわかります。
イメージ 3

3月14日の火星と土星

14日は風もなく穏やかな日でしたが、夕方から雲が出始め接近した金星と木星が雲間に見えていました。
今晩も見込無しと思っていましたが、23時ごろ外にでると快晴の空、シーイングも良さそうなのでMAK180とX5での惑星撮影に初挑戦しました。
どのくらいの拡大率にしたら良いか勝手がわからないので、アイピースでの拡大としました。
後で片付けるときに気が付いたのですが、いつも屈折を使用する時に使っている1.4倍テレコンを付けたまま撮影していました。延長管に組み込んであるので、ついいつもの調子でやってしまい超拡大撮影になりました。
 
モニターで火星を見たときに大きいなと思ったのですが、実に420倍の倍率になっていました。しかし明るい火星に助けられて何とかなりました。
イメージ 1
 
続いて土星を撮りましたが、さすがに暗すぎてアイピースを倍の18ミリにしたのですが、まだ暗く最高感度のISO
6400してもまだ足りませんでした。SSをこれ以上遅く出来ませんし、遅くなるので今日のところはこれで済ませました。
イメージ 2
 

3月11日の月と太陽 (拡大編)

KissX5をポチったもう一つの理由は、動画撮影してregistaxで処理する拡大撮影にありました。
月、太陽の全体写真を撮った後、そのままデジタルズーム3倍にして動画撮影をテストしてみました。
とりあえずFHD(1920X1080)で、撮影モードは自動にしたので詳しい撮影データーはわかりません。
AVI変換は付属ソフト、registax6で処理しました。
 
危機の海周辺がきれいに見えていました。
イメージ 1
 
大黒点付近です。拡大率が小さいので大幅にトリミングしてあります。
イメージ 2
 
その後天気も良く惑星も撮りましたが、AVI変換にかなり時間がかかり、registaxのパラメーターが大幅に変化したので処理が追いつけません。

3月12、13日の月

雲の行き来が激しく、月の高度も低いので0時を過ぎた12日なってからの月です。
上空に南風が入り、雲と一緒にブヨブヨのシーイングを運んできました。
12日の月 月齢18.7
イメージ 1
 
13日の月 前日と同じく0時過ぎの月です。
北風が吹き、真冬に戻ったようなチリチリのシーイングでした。寒い!
月齢19.7
イメージ 2

プロフィール

marchan1908

Author:marchan1908
月や惑星などの天体写真で始めたブログでしたが、近年草木の記事が多くなり実情に合わなくなったので”世田谷西部の自然”とタイトルを変えました。
自宅のある世田谷西部には国分寺崖線が走り、野川仙川が流れ、畑もあり昔ながらの自然環境が残されています。
しかしこの環境も開発の下に年々壊されています。
子供のころの懐かしい思い出とともに残された世田谷西部の自然を撮り続けたいところです。

訪問者

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR